銀行カードローンの方が好都合

銀行カードローンの方が好都合

貸金業者を規制する改正貸金業法が2010年6月に施行されてから、総量規制が話題となっています。 これは、借り過ぎを防止するために盛り込まれた規定であり、具体的には年収の3分の1を超える借金を出来なくさせるというものです。 この規定によって、借りたくても借りられないという人も多く生まれたと言われます。 ただしこれは、あくまで貸金業者からの借り入れに限られるのです。

貸金業法の名前の通り、総量規制が適用されるのは消費者金融などの貸金業者からの借金のみです。 これには、かつて、簡単な審査でいくらでも借りられる消費者金融であったが故に、多くの多重債務問題を発生させ社会に影響を与えたということが背景になっています。 このような消費者金融などの貸金業者からの融資は、担保や保証人が必要の無い、いわゆる無担保ローンと呼ばれています。 担保や保証人の審査が必要無いため、本人の信用度によって貸すかどうかが決められていたのです。

一方で、そもそも総量規制の対象とはならないのが銀行ローンです。 銀行各社は、様々な金融商品と合わせて、目的を定めずに利用できるカードローンを発行しています。 銀行カードローンの場合は、消費者金融の場合とは異なり、ある程度の時間をかけてしっかり審査が行われます。 その分消費者金融などよりは低い金利によってローンの利用が可能となっているのです。

また、消費者金融は過払い金などの問題も発生していて今なお混乱が続いていると言えるかも知れませんが、銀行カードローンなら、そもそも過払い利息が発生するような高い金利での貸付はありませんでした。 このため安心して利用できるというメリットもあります。 ちなみに、銀行系のローンは総量規制の対象外であることから、銀行から多くの借り入れがあったとしても、消費者金融など貸金業者からの借り入れは全く別問題となっています。 もちろん借り過ぎ・使い過ぎには注意しなければなりませんが。

現在では、大手の銀行をはじめとして、地方の各銀行も目的がフリーな銀行カードローンを扱っています。 その申し込みも、Web上から行い、審査結果もWeb上から確認出来るというもの多いです。 また、審査結果次第では即日融資を受けられるという場合もあって、 金利が低くなったとは言え比較すれば今も高金利である消費者金融から借金をする前に、まずは銀行カードローンを検討してみるのも一考です。